平成27年度における環境物品等の調達実績の概要

調達情報サイトマップ
調達総合案内調達情報環境物品等の調達の推進を図るための方針> 平成27年度における環境物品等の調達実績の概要
平成27年度における環境物品等の調達実績の概要

平成28年6月30日    
文 部 科 学 省     

国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年法律第100号)第8条第1項の規定に基づき、平成27年度における環境物品等の調達実績の概要を取りまとめたので公表する。

1.平成27年度の調達方針の策定等
平成27年度においては、平成27年3月31日に「環境物品等の調達の推進を図るための方針」(以下「調達方針」という。) を策定し、調達方針に基づいて環境物品等の調達を推進した。

2.特定調達品目の調達状況
各特定調達品目の調達量等については、別表1「平成27年度特定調達品目調達実績取りまとめ表」、別表2「平成27年度特定調達品目(公共工事)調達実績概要」及び別表3「平成27年度「公共建築物等木材利用促進法」及び「グリーン購入法」に基づく合法木材、間伐材の利用に係る集計表」のとおりである。

目 標 達 成 状 況

(1) 物品・役務
調達方針において、平成27年度に調達を実施する品目については、調達目標を全て100%に設定していたが、一部の品目で判断の基準を満足する物品等を調達することができなかったため(別表1参照)、目標達成率全体の平均は、約99.9%となった。
なお、品目別では、調達を実施した129品目のうち127品目で調達目標の100%を達成した。
(2) 公共工事
公共工事の構成要素である資材・建設機械等の使用に当たっては、事業毎の特性、必要とされる強度や耐久性、機能の確保、コスト等に留意しつつ、調達方針に掲げられている資材・建設機械等の積極的使用に努めた。
その結果、平成27年度実績では、製材等、ビニル系床材、空調用機器及び建設機械について判断の基準を満足する適用品を使用した公共工事の調達を行った。

3.一部品目の目標を達成できなかった主な理由
一部品目の調達目標を達成できなかった主な要因は、物品・役務において、特定の用途に応じた仕様の規格品の調達の際、特定調達品目の判断の基準を満足する当該規格品がなかったためであった。

4.平成27年度調達実績における評価
平成27年度の調達については、おおむね調達目標を達成できたと認められる。
平成28年度以降の調達においても引き続き、グリーン購入法の趣旨等を各調達機関に周知し、環境物品等の調達の推進を図ることとする。


 【本件担当窓口】

  物品・役務関係 大臣官房会計課総務班企画渉外係  03-5253-4111(内線3009) 
  公共工事 関 係 大臣官房文教施設企画部参事官(技術担当)付技術調査第一係
  03-5353-4111 (内線2321)